ライフデザイン・サポート « 2017 . 09 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CM(-) | TB(-) --.--.--(--) --:--

若手社員のライフデザインサポート!

2月26日(木) 13:00~17:00

関西電力労働組合さまから、 

 「ヤングラフセミナー」

のご依頼をいただき、18名の若手社員さんたちに参加いただきました。


今回の目的は、

 早期に社会人として生き方(ライフプラン)等を自覚させること。


と伺いましたので、

  自己への「気づき」から人生を「築く」

というタイトルで4時間のワークショップ型研修会、という形で開催しました。



★実施内容

1. コミュニケア(色塗り)
   ・・・深層心理をチェックします。

2. 坂道と私(お絵かき)
   ・・・目標達成意欲を確認します。

3. ハートリッチ(価値観のグループワーク)
   ・・・各自の「価値観」とグループの「価値観」
   まず各自で「愛情」「仕事」「家族」など、
   12の項目に一番大切なものから番号をつけて
   優先順位をつけます。
   そのあと、グループでディスカッションして、
   「グループでの優先順位」を決定します。

 
4. ライフデザイン
   ・・・人生設計シュミレーション
   自分が「死ぬ年齢」を決定し、あと何年の人生か?を想定。
   想定される「あと何年」を9で割って、ワンステージあたり何年かを計算します。
   そして、9つのマスの図に各ステージごとに達成したい夢を描いていく・・・ 
   「○年後の自分」をステージごとに想像してもらうためのワークです。
   こうしたい、こうなりたい、と思い巡らせることで、
   「夢」から具体的な「目標」を拾い出す、そんなイメージですね。


参加してくださった皆さんからのアンケートを総括し、
担当の方からは以下のご感想をいただきました。


   いつもは60~70名ぐらいの規模で実施していただき、
   「もっと教えて欲しかった」という意見が多いのですが、
   今回は見当たりませんでした。
   
   いつもは11月~12月の実施だったのですが、
   今回、実施月をずらしたところ、年度末の関係もあり
   18名のみの参加、しかしかえって、じっくりと個別対応
   いただけた感じです。
   
   これまでは人数が多いためか、
   「もっとアドバイスが欲しいと」いう意見が多かった、
   ということです。


やはり、個別対応の充実が大切ですね・・・。

参加くださった皆さん、担当の●●さん、ありがとうございました。


またお声かけくださいm(_ _)m

スポンサーサイト
CM(0) | TB(0) 2009.03.23(Mon) 19:05

子育て支援:初めて中学校でコミュニケアを実施

去る平成20年7月8日、松虫中学校の校長先生とPTAの方々に
コミュニケアを実施しました。

 「これはスゴイ! ぜひ生徒達全員にも体験してもらいたい!!」

とおっしゃってくださった佐藤校長先生のご尽力で、
同中学校3年生の皆さん全員にコミュニケアを実施しました。

  11月11日 1組35名

  11月14日 2組36名

  11月21日 3組37名

と、3回に分けて、各クラスで講義をしました。
どのクラスも、素直にそのままの心が色で表現されていました。


大人でも答えられないような、

  「色の正体は何か知っている?」

との、質問に、正解を発言されたときは
こちらがビックリ!!しました。

色の科学や色が体に与える影響力を話すと、
子ども達の瞳はキラキラ☆★☆★☆

 ・テスト前に集中力を上げる色
 ・ヤル気を起す色
 ・自信をつける色

自分を高める色には興味津々で聞き入っていました。

子ども達の心の色模様に、校長先生も「スゴイ!」の連発でした。


来る12月12日には、佐藤校長先生のお声かけで12名の
中学校長先生方にコミュニケアを体験いただく予定です。

CM(0) | TB(0) 2008.11.27(Thu) 16:15

ライフデザイン:『共感』~コミュニケア・アナリスト認定~

こころを受け止め「共感」できる人材を育てています


コミュニケア・アナリストの「コミュ二ケア」とは、
「Communication」+「Care」を合わせた造語であり商標登録です。

コミュニケア・アナリストが即現場で活用できるよう色彩心理分析によるコミュニケーション診断法、「コミュニケア」のツールを開発しました。
「コミュ二ケア」は、ヒューマンカラー心理研究所の色彩心理テスト「Human Color カウンセリング」(国際特許取得)【*1】を基にして開発したツールであり、契約には商標使用権と国際特許の一部開示が含まれます。

経営の診断及び指導、商品の販売に関する情報の提供等、カウンセラーおよびコンサルタントとして活躍できます。


【商標使用許諾契約および認定】
1. コミュニケア・アナリスト  商標使用
2. 色彩心理カウンセリング(国際特許取得)ノウハウの一部開示
3. 色彩心理分析によるコミュニケーション診断法「コミュニケア」の開示

【認定料】
個人ライセンス契約料 380,000円 (税込価格:399,000円)


◎詳しくは、もくじの「お問い合わせ」ページのフォームにて
 件名に『アナリスト』と入力の上お問い合わせください。




【*1】 色彩心理カウンセリング(国際特許取得)
ヒューマンカラー心理研究所が開発した非言語投影分析法で、20年にわたる2万人以上の臨床事例から心理分析を行い、精神衛生や人間関係の円滑化に活用されているカラー心理分析。色彩選択反応を中心にYGギルフォード性格検査、サンドプレイなどと対比・検討され高い信頼性を誇る。日本・米国・カナダ・中国の4ヶ国での国際特許取得済み。


CM(0) | TB(0) 2008.01.28(Mon) 22:14

ライフデザインを支える「コミュニケア」ってなに?

「コミュニケア」とは?

「コミュニケーション」と「ケア」の造語で、
コミュニケーション能力を向上させるためのツールです。

独自に開発したチェック・シートと、塗り絵と簡単な描画によって潜在意識を顕在化し、現在の心理状態を分析します。
ご本人も気づいていない、無意識に、しかし確実に存在する「感情」を読み取り、カウンセリングや企業研修の際の基本ベースとして活用されています。

私たち人間は、外的要因である環境や体調(健康)により発揮できる力が左右されます。
一方で、内的要因となる気質、能力、価値観などにより、現実社会と自分自身との「折り合い」をつけながら生きています。
その「折り合い」のつけ方がうまく「調和」していない場合に、いわゆる「ストレス」を生み出し、心身の健康を害することになります。

コミュニケアは、現在の意識/無意識をチェックし、今の「折り合い」の状態を見つめ、さらに調和のとれた方向に、あるいは不調和を調和に方向付けるための指針を与えてくれるツールです。

コミュニケアでは、以下15項目を『生きる基礎力』として定義づけています。


ヒューマンベース:基本的側面

生命欲
 生きることに対する意識で、すべての活動の原動力となるものです。
 自身や他者の「いのち」に対する意識です。

体力
 からだ全体の基礎力で、病気に対する抵抗力や回復力など、
 からだを健康に保つ意識です。

活動力
 筋肉も頭脳も、使うことでより活発に働いてくれるものです。
 いくら知識を詰め込んでも、行動に移すことができなければ
 いつになっても「つもり」で終始してしまいます。
 日常生活をはじめとする実行、行動についての意識です。

存在感
 自分自身の存在に対する意識。
 社会や組織の中での立場、役割、意味や責任をどのように捕らえているでしょうか。

満足感
 何を基準に「満たされている」と感じるか?という
 価値観に対する意識です。
 

エモーション:情緒的側面

創意
 創意・工夫してより良いものをめざそうとする意識です。
 考えや思いつきが、無から有を生み出します。

熱意
 からだの基礎力に対し、心理的な基礎力、精神力です。
 意欲を支える集中力や継続力に対する意識です。 

誠意
 対人関係の基本、「相手の立場を思いやる」ことに対する意識です。
 どんな基準で自己と他者の関係性を結んでいるか?です。
 
向上心
 こうありたいと思い、さらに上をめざす成長に対する意識です。
 先の「満足感」や想像力にも関係します。 

価値
 夢や希望、目標の実現に向かう根底の意識です。
 「人生観」などのように「○○観」と呼ばれる、ものごとを評価判断する際に
 もとになる考えです。 


コミュニケーション:人間関係

判断力
 課題解決や環境への適応に対する意識です。
 認知、知識、直感など、情報処理能力に関わってきます。

統率力
 主体性、みんなをまとめて目標達成に導くことに対する意識です。

協調力
 共同体として力を合わせて事にあたる、集団支援に対する統合的
 な意識です。お互いを認め合い協力する「相互理解」につながります。

洞察力
 文字通り、「鋭い観察力でものごとを見通す、見抜く」力、
 課題の真意を見抜き理解する意識です。

思考
 「思惟」とも呼ばれる人間の知的作用の総称です。
 ものごとを分析、理解したり、あるいはパーツを組み合わせて
 新しいものを考えたりする力です。
 課題解決を導く認知に対する意識です。


以上15項目から5項目の特性を「ポテンシャル=潜在能力」とします。
また、それぞれを阻む原因となる5項目を「ストレス」と称して、
「ポテンシャル」と「ストレス」の拮抗関係を明確にし、現在の心理状態を捉えます。


「5つのポテンシャル」についてはこちら←クリック!
CM(0) | TB(0) 2008.01.28(Mon) 16:53
copyright © ライフデザイン・サポート all rights reserved.
ライフデザイン・サポート 心理 コンサルティング

もくじ

Author

cocoiro

(株)AccuCOM
ライフデザイン事業部
事業部長・取締役
竹村英子

色彩心理学をベースにした人材育成コンサルティング『ライフデザイン・サポート』をご提供しています。

FC2ブログランキング!

今日もぽちっとお願いします♪

リンク

こころの再生

kokoro-small

たかつガーデン

ブログ内検索

web検索

FYI

ユーザータグ

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。