ライフデザイン・サポート « 2017 . 08 »    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CM(-) | TB(-) --.--.--(--) --:--

コラム#2 ☆ピンク色の服

視覚障害者の方とのエピソード。

ある日、色彩の講座依頼がきました。
一年に4回、1回2時間の講座。
参加者は約20名とのこと。

さらに聞いてみると、盲目の方を含む目の不自由な人たちのグループ。
「色を教えてください。」

どうしていいかわからなかったので、一瞬、断ろうと思いました。
しかし、来るものは拒まず、去るものは追わずの精神でやってきた私じゃないか!
気持ちを切り替え、挑戦しようと決心しました。

初回の講義ではまず、みなさんが何を望んでるのか?を聞きたくて、徹底的にヒアリングしようとの思いで望みました。
とはいえ、私は不安いっぱいで頭が真っ白・・・。
みなさんにはきっと、私が何か特別なものを見るような意識でいたこと、見透かされていたように思います。

しかし、会場に現れたみなさんは、笑顔で明るく、互いに言いたいことを言い合って、本音でつき合っている「仲間」でした。

ミシンを習って服をつくったこと。
旅行に行ったこと。
今からしたいこと。
口々に、本当に楽しそうにいつまでも続きそうな笑談・・・。
ガイドさんに手を引いてもらいながら、ガイドさんとのやりとりも言いたい放題!
何ごとにも興味津々、勉強熱心なんだなぁ、ってつくづく感心しました。
頭が下がる思いでした。

『何か特別なものを見るような意識でいた』自分が恥ずかしくなりました。
そして、正直に、私の気持ちを伝えました。

まず、視覚障害者と関わるのは初めてで、どのように接したらいいかわからないこと。
次に、視覚障害を持つ方を対象に色を教えたことがないので、何をどうしたらいいのかわからない、ということ。
講師として呼ばれたとはいえ、みなさんは年齢的にも人生の先輩、私のほうが教えていただく側だと感じました。

そんな経緯で始まった講座の名前は「みだしなみ教室」。
外見の色、似合う色やメイクだけでなく、色を通じて「こころのみだしなみ」を考えるカリキュラムを提案したところ快諾いただき、今年で4年目になります。


毎回、ピンクの服を着てこられるお洒落なご婦人がいらっしゃいます。
すごくお似合いなので、ある時、

  「ピンク色お好きですか?」

と尋ねたところ、返ってきたお答えは

  「別に好きじゃない・・・」

好きじゃないのになんで??
毎回ピンク色をお召しになるのはなぜかと尋ねたところ、

  「私がピンクを着ると、皆『可愛いい!』って喜んでくださるから!」

  「・・・!!・・・」

ご婦人は、「相手」が喜んでくれることを考えてピンクの服を選んでらした・・・
言葉がありませんでした。


ピンクは『幸福の色』、『若返りの色』ともいわれています。
好きになってほしいなぁ・・・。

スポンサーサイト
CM(0) | TB(0) 2008.02.01(Fri) 17:35
copyright © ライフデザイン・サポート all rights reserved.
ライフデザイン・サポート 心理 コンサルティング

もくじ

Author

cocoiro

(株)AccuCOM
ライフデザイン事業部
事業部長・取締役
竹村英子

色彩心理学をベースにした人材育成コンサルティング『ライフデザイン・サポート』をご提供しています。

FC2ブログランキング!

今日もぽちっとお願いします♪

リンク

こころの再生

kokoro-small

たかつガーデン

ブログ内検索

web検索

FYI

ユーザータグ

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。